お米の炊きあがりが白くふっくらとなります。

良水工房をお使いの多くのお客様が喜ばれていることのひとつに「ご飯がおいしくなる」ということがあります。下図のように塩素が含まれていない水で炊飯した場合のビタミンB1の量に比べて、残留塩素濃度が0.2㎎/ℓの水で炊飯するとビタミンB1の量は70%になってしまいます。

一般の水道水には残留塩素が含まれていますが、良水工房のお水は濃度を0.1㎎/ℓ程度に調整していますのでお米のビタミンを残しておいしいお米を炊くことができます。




料理に使用する水だけではなく、お野菜を洗うときにも!

良水工房のお水は、飲み水や炊飯だけでなく、キッチンでお使いになるすべての水が浄水になっていますので野菜などの食材を洗うときにも食材に含まれるビタミンを保つことができます。
さらに残留塩素が原因となる肌への影響を減らし、お水を使うあらゆる場面で良水工房のお水の良さを体感していただけます。